検索結果

本当の勇者 (全1話/6742文字)

 勇者は魔王を倒し、世界は平和になった。  勇者は姫といつまでも幸せに暮らしました……となればよかったのだが、そうは問屋が卸さない。  出版社の社長、旅芸人の座長、市長が次々訪れて……。勇者は平和を求めた。

七人のお姫様のおはなし (全1話/3018文字)

刺繍の得意なお姫様が、ある日出会った長い布。 刺繍をしながら進んで行った先には…。 ファンタジー童話風ショートショートです。 一話目の《刺繍姫と長い長いドレスのお話》は Twitterに投稿・togetterにまとめたものに加筆修正して投稿しています。

のえる | 一般文芸 | 短編 | 完結 | 童話・児童文学

14/07/24

1609

962

137

1

1

刹場 (全0話/0文字)

いじめに遭うぼく。理解という衣を着飾るがその実、本質を捉えられない両親。そして周囲の否応なく見せる狡猾さによってぼくはぼくで終える。

燐郭 | 一般文芸 | 短編 | 連載中 | 純文学 | シリアス

15/02/25

1445

650

60

0

0

クリスマスの奇跡に告ぐ (全1話/15408文字)

『クリスマスには奇跡が起こる』、そんな常套文句を批判したいだけのために書きました。憎しみをぶつけています。この時期寂しさを感じる方に酒の肴にでもしていただければと思います。

Merry-go-Lucky!! (全1話/6201文字)

 高校生のメアリー・スーは焦っていた。  それと言うのも、卒業を間近に控えた一大イベント、ダンスパーティ“プロム”の相手役が一向に決まらないままだからだった。プロムは結婚に次ぐ人生を飾る重大行事だ。絶対に外すことは出来ない。  重い決意を胸に秘め、メアリーは今日、相手役候補との初デートを迎える。

yokosa | ライトノベル | 短編 | 完結 | コメディ | ショートショート

14/07/13

1046

855

134

0

1

ハリネズミくんの冬 (全1話/4091文字)

童話です。

最初で最後のバレンタイン (全1話/1993文字)

「バレンタインの告白」 それは、男女それぞれに大事な『想い』があって――。 この幼馴染の二人には、『それだけじゃない想い』もあって。 --- --- 三題噺として2時間で書きあげました。 お題:「バレンタイン」「さかさま(若しくは逆とか)」「主張」

エルザTの水の彫刻家 (全1話/2208文字)

 子供の頃にLに感染し、海馬に重篤な損傷を負ったために長期記憶を失ったデアキは水の彫刻家だったが……。

り(PN) | 一般文芸 | 短編 | 完結 | SF

14/11/22

745

657

42

0

0

(全1話/10928文字)

恋愛のつもりです稚拙ですがよろしく

教二晃則 | 一般文芸 | 短編 | 連載中 | 恋愛

18/11/16

707

234

3

0

0

仮想の国のアリス (全1話/7470文字)

SFです。ヴァーチャルとか。

ぐらんこ。 | 一般文芸 | 短編 | 完結 | SF | SF アリス

14/07/30

606

513

74

0

0

sora (全1話/1807文字)

本当に思いつきで、出だしの  空を眺めていた。  それはとても、とても、広い空だった。  どこまでも、青く、青く、そして青かった。 を書きだしてからは、ほぼ、自動筆記。 自分がこういう作品を書くというのは、何というか、書こうと思っても書けない。 空を眺めていたら思い着いてしまったという作品です。 ...

めけめけ | 一般文芸 | 短編 | 完結 | エンタメ小説 | 学校もの | 読み切り

14/08/21

569

515

134

1

0

絶食×ブラッド【短編版】 (全1話/8842文字)

お料理が得意な女子高生、午空瞳。 彼女は、肉食系吸血鬼のお腹を満たす為、今日も弁当にもつ煮を詰める。 風変りな高校生男子、日向当夜。 恋人である瞳を愛す彼の、一生の決意とは……。 ――現代に生きる吸血鬼の僕は、愚かで一途な恋をしているのだ。 他サイトでも掲載しています。同一作家作品です。

リズミカルポエム (全1話/209文字)

韻を踏んだポエム

人喰い鬼の住む森 (全1話/3776文字)

 ある小さな町に淋しがりやの小学生の男の子が住んでいました。男の子は町はずれにある小山のうっそうとしげった森が好きでした。しかしその森には人間を食べるのをたった三日我慢しただけで死んじゃうくらい喰い意地の張った怖い鬼が住んでいるという言い伝えがあり……。 (※この小説は 「小説家になろう」 との重複掲載です)

り(PN) | 一般文芸 | 短編 | 完結 | 童話・児童文学

14/11/19

414

369

44

0

0

捨てられた人形 (全1話/7250文字)

 目覚めるとクマタンはひとりでした。いつもの夜の賑やかさもなく、おもちゃ箱はひっそり静まりかえっていました。大好きな男の子に捨てられた熊の人形が目覚めた場所は果たして?

り(PN) | 一般文芸 | 短編 | 完結 | 童話・児童文学 | 夢・幻想

14/11/18

372

339

115

0

0

24件中 115 件表示

1  2  次の15件>