検索結果

sora (全1話/1807文字)

本当に思いつきで、出だしの  空を眺めていた。  それはとても、とても、広い空だった。  どこまでも、青く、青く、そして青かった。 を書きだしてからは、ほぼ、自動筆記。 自分がこういう作品を書くというのは、何というか、書こうと思っても書けない。 空を眺めていたら思い着いてしまったという作品です。 ...

めけめけ | 一般文芸 | 短編 | 完結 | エンタメ小説 | 学校もの | 読み切り

14/08/21

507

455

125

1

0

ある時から急に付き合いの悪くなった友人。 久しぶりに二人で居酒屋へと行った際に友人が妙なことを言い、家へと『私』を誘う。 彼の家へと辿りついた私に彼の奥さんが出迎えてくれた。 「お帰りなさいませ、救世尊様…あら?そちらのお方は?」 「ああこちらは私に前世から使えていた新鋭隊長のサーマーだ。...

小説書き123456 | 一般文芸 | 長編 | 完結 | エンタメ小説 | 夫婦 | 宗教 | | 純愛 | 恋愛

14/08/09

1506

1143

124

0

0

つよい人々 (全0話/0文字)

物語の始まりは、2014年。夏の東京。 大学1年生の香山は、初めての期末試験を終えて夏季休暇を楽しんでいた。 法学部に籍を置く彼は、学部公認サークル・十法会の夏合宿に参加した折、この先長く付き合うことになる青年、森部と出会う。 行き詰ったと嘆かれて久しい現代日本で、学歴ある若者たちが一層強かに生きる方法...

室井烈 | 一般文芸 | 長編 | 連載中 | エンタメ小説

15/01/04

1527

923

172

0

2

この指とまれ! (全5話/13248文字)

 何でもない風景の中にみつけた非日常の風景。  筆者の知人が町で見かけた指を鼻の穴に入れてぼーっと立っている女性。  そのエピソードを聞いた時、筆者はいろんなことを妄想してしまいました。  その女性はなぜ、鼻に指を入れたまま、そこに立ていたのか、何かの罰ゲームなのか、或いはそれを見たという知人の見た幻覚なの...

めけめけ | 一般文芸 | 長編 | 完結 | エンタメ小説

14/07/29

4473

2614

174

1

1

4件中 14 件表示